フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの違いを徹底解説!

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルとは

代表的なAGA治療薬として知られるフィナステリド(プロペシア)とミノキシジル。どちらもAGAの改善効果を持ちますが、2つの治療薬では作用機序が異なります。それぞれの治療薬に関して詳しく解説します。

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルとは

フィナステリド(プロペシア)とは

フィナステリドはAGA発症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成に関与する「5αリダクターゼ」という酵素を抑制する効果が期待できるAGA治療薬です。フィナステリドが5αリダクターゼを抑制すると髪の毛の生え変わり周期である「ヘアサイクル」が正常化され、薄毛の進行が予防されます。プロペシアとはフィナステリド治療薬のブランド名称で、フィナステリドは治療薬の有効成分の名称です。現在はプロペシア以外にもフィナステリドを有効成分とするAGA治療薬がいくつか存在し、患者様お一人おひとりに合わせた処方が行われています。

プロペシアについて詳しくはこちら

ミノキシジルとは

ミノキシジルは発毛を促す治療薬です。もともと欧米で高血圧患者の治療薬として使用されてきたミノキシジル内服薬ですが、副作用として多毛がみられたことからAGA治療薬として再開発され使用されるようになりました。ミノキシジルには内服薬と外用薬がありますが、ミノキシジル外用薬は日本皮膚科学会が発表している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」で最も推奨度の高い、推奨度Aに位置づけられています。

ミノキシジルについて詳しくはこちら

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの違い

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルは薬剤の作用機序が異なります。フィナステリド(プロペシア)には抜け毛を予防しAGAの進行を抑える働きがあり、ミノキシジルには発毛を促す働きがあります。同じAGA治療薬であっても作用機序が異なるため、AGAの進行具合に合わせた治療薬を使用します。

そのほか異なる点としては、ミノキシジルは女性も使用することが認められている一方で、フィナステリドは男性しか使用できない点も大きな違いといえるでしょう。フィナステリドは妊娠中や授乳期の女性の方が服用すると胎児や赤ちゃんに悪影響が出る可能性があるため女性の服用は禁止されています。またフィナステリドは皮膚からも吸収される恐れがあるため、女性は触らないようにしましょう。

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの副作用

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジル、それぞれの治療薬に起こりうる副作用を解説します。

フィナステリド(プロペシア)の副作用

フィナステリド(プロペシア)の副作用としては男性機能の低下や制欲減退、肝機能障害、抑うつなどが挙げられます。日本人120例での副作用報告では、リビドー減退7例(5.8%)、勃起不全6例(5.0%)、射精障害2例(1.7%)が報告されています。肝機能障害に関しては重篤な副作用として位置付けられていますが、フィナステリドを含む多くの内服薬は服用後に肝臓で代謝されるため、体質によっては肝機能障害を招くおそれがあります。発症率は極めて低いとされていますが、医療機関で定期的に血液検査を受けて、肝機能をフォローしてもらうことが大切です。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは内服薬、外用薬で発症する副作用がやや異なります。内服薬、外用薬ごとに起こりうる副作用を解説します。

ミノキシジル内服薬の副作用

ミノキシジル内服薬では、初期脱毛や動悸・息切れ、頭痛、めまい、手足の浮腫、多毛症、肝機能障害、心疾患などを発症する可能性があるとされています。

ミノキシジルによる治療開始初期にみられ抜け毛が一時的に増加する初期脱毛は、休止期にあった毛包が成長期に入るために古い頭髪が抜ける現象で、ミノキシジルが効いているサインでもあります。抜け毛は自然に治まり、やがて成長した頭髪になってきますので、治療を中断しないようにしましょう。

ミノキシジル内服薬の副作用として、動悸や息切れが起こる可能性があります。特に心臓疾患をお持ちの方がミノキシジルを服用する場合は注意が必要ですので、そのような方はミノキシジルの服用に際して医師と相談するようにしましょう。

ミノキシジル外用薬の副作用

ミノキシジル外用薬は直接頭皮に塗布するため、発疹やかゆみ等の頭皮トラブルが副作用として発症しやすいとされています。外用薬使用中に痒み、炎症、かぶれなどご自身の肌質に合わないと感じた場合は一度外用薬の使用を中止し、医師に相談してください。

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの併用

AGAの進行を抑えるフィナステリド(プロペシア)と発毛を促すミノキシジルを併用することで、より高いAGAの進行抑制効果と発毛効果が期待できます。逆にいえば、フィナステリド(プロペシア)のみの使用では発毛効果は得られず、ミノキシジルだけではAGAの進行を抑えることはできません。実際に併用すべきかどうかはAGAの進行具合により異なりますので、医師に相談して検討するとよいでしょう。

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの個人輸入は危険

フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルは個人輸入することも可能です。ただし、転売や譲渡は原則禁止とされており、個人的な使用を目的とした場合のみ、個人輸入が許可されています。個人輸入の場合は医師の処方が不要で国内で購入するよりも安価に入手できるため魅力的に感じる方もおられるようですが、下記の通り、安全性の面で考えると個人輸入した治療薬の使用はおすすめできません。

個人輸入をおすすめしない理由は、一般の方が治療薬が正規品であるかどうかを判断することは非常に難しく、運が悪い場合は偽造品や粗悪品を購入してしまうリスクがあるためです。また販売国によって医薬品の安全基準は異なるため、国内では認可されていない成分が配合されている可能性も考えられます。健康被害が生じた際の救済処置も個人輸入の場合には利用できませんので、個人輸入で購入した薬剤ではなく、クリニックで知識と経験のある医師のもと処方されたAGA治療薬の使用を推奨いたします。

AGAを治療するなら専門クリニックへ

異なる効果を持つフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルを併用することでより高いAGA改善効果が期待できます。併用するかどうかはAGAの進行具合によって異なりますので医師と相談するとよいでしょう。

AGAヘアクリニックでは、お一人おひとりに合わせた治療法をご提案させていただいております。また、経験や実績ある医師の診察のもと安心して治療を行うことができます。ご相談や診察は何度でも無料ですのでお気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAコラム

医師監修のもと、AGA治療の基礎知識や
薄毛対策に関するトピックをお届けします。

AGAヘアクリニック秋葉原本院

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-12-8
住友不動産秋葉原ビル9階

診療時間10:00〜20:00
AGAヘアクリニック大宮院

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-67
大宮あづまビル5階

診療時間10:00〜20:00

AHCメディカルサロン

  • 当院は完全予約制でございます。
  • 初回診療の最終受付時間は19:00です。

TOPに戻る