女性の薄毛、FAGA(FPHL)とは?原因や治療薬を詳しく解説

FAGAについて

FAGA(女性男性型脱毛症)とは、女性の薄毛の総称を指す言葉です。1964年ごろから研究が始まったとされており、当初は男性のAGA(男性型脱毛症)と同じものだと考えられていました。そのためAGAに英語で女性を意味する「Female」の頭文字をつけた、FAGAと呼ばれてきました。しかし研究が進むにつれてAGAとは症状や原因が異なることがわかってきたため、現在では「FPHL(Female Pattern Hair Loss)」とも呼ばれています。

FAGAの症状

FAGAの症状

AGAは主に前頭部や頭頂部といった、頭部の一部分が薄くなる特徴的な症状を認めます。一方でFAGAの場合はAGAのように局所的な脱毛が起こるわけではなく、頭部全体が薄くなっていくという特徴があります。このような症状は主に40〜50代頃の壮年期に起こることが多いとされていますが、稀に20代頃にも起こる場合があります。症状の現れ方は様々で、個人差もあります。なかでも分け目がクリスマスツリーの枝のように広がる「frontal accentuation」という症状が有名です。

FAGAの原因

FAGAはAGAと同じく、ホルモンが関係しているといわれています。しかし原因はまだはっきりとは特定されていません。AGAは抜け毛の症状が特徴的なため比較的診断は簡単ですが、FAGAは広範囲にわたって症状が現れるため、視診のみでは特定できません。このような脱毛疾患を「びまん性脱毛」といいます。FAGAのようにびまん性の脱毛を引き起こす疾患には、過度のダイエットによる栄養不足、膠原病のように全身疾患によるもの、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣やストレスによるもの、経口避妊薬(ピル)といった薬剤性のものなどがあります。

加齢や出産によるホルモンバランスの乱れ

卵巣から分泌される女性ホルモンの一種「エストロゲン」には髪の毛の成長期を伸ばす働きがあるといわれています。しかし、エストロゲンは加齢や出産によって極端に減少するという特徴があります。エストロゲンの減少によってホルモンバランスが乱れると女性ホルモンの働きが低下するため、薄毛に繋がることが考えられます。

栄養不足

髪の毛のもととなる細胞は主に食事から摂取した栄養素などによって成長し、維持されています。不摂生な生活や過度なダイエットなどにより栄養バランスの悪い食生活を送っていると髪の毛の成長や健康な頭皮環境の維持に必要な栄養素が不足し、正常な育毛が妨げられて薄毛や抜け毛に繋がる可能性があります。

睡眠不足

髪の毛は睡眠中に分泌が活発になる成長ホルモンによっても発育が促されています。睡眠不足が続き正常な育毛が妨げられると、抜け毛や薄毛に影響を与える可能性があります。

ストレス

慢性的にストレスを受けることで自律神経が乱れ、血行不良を引き起こす可能性があるといわれています。正常な育毛に必要な栄養素や酸素は主に血液によって運ばれ毛根に供給されます。したがってストレスにより血行不良の状態が続くと、髪の毛の生成に必要とされる十分な栄養素が毛根に供給されなくなり薄毛や抜け毛を助長する恐れがあります。

全身疾患

脱毛症状は病気の合併症として起こる可能性もあります。鉄欠乏性貧血や膠原病、甲状腺機能低下症など、女性に起こりやすいとされる疾患などでも抜け毛や薄毛の症状が現れることがあるため、大量の抜け毛が突如として生じた場合は注意が必要です。

薬剤

経口避妊薬(ピル)の服用を中止した際などに薬剤の影響により、抜け毛が増える場合があります。

FAGAの治療に利用する薬について

女性の薄毛に有効であるとされる治療薬には内服薬と外用薬があります。薄毛の症状や進行状況には個人差があるため処方される治療薬は様々ですが、内服薬と外用薬を併用して治療を進めるケースもあります。

外用薬

ミノキシジル
ミノキシジルはAGA治療薬として使用されている有効成分で、日本皮膚科学会が定めた『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)』においてFAGA(FPHL)にも有効性が認められています。ミノキシジルの外用薬は頭皮に直接塗布して使用する薬であるため、全身に影響を及ぼす副作用が出る可能性は低いといわれています。主な副作用には「初期脱毛」の可能性が挙げられます。初期脱毛は新しい髪の毛が生え変わるための脱毛であり、初期脱毛が見られてからおよそ4週間ほどで収束するといわれています。

内服薬

パントガール
パントガールはFAGAなど女性の薄毛治療のために服用が認められた治療薬です。ケラチンやパントテン酸カルシウム、シスチンなど髪の毛の生成に良い影響を与えるとされる栄養素が豊富に含まれており、服用することで育毛環境を整える効果が期待できます。パントガールの服用による重篤な副作用の報告はありませんが、妊娠中・授乳中などの場合は服用を始める前に医師に相談しましょう。
ミノキシジル
ミノキシジル内服薬は有効性が高い治療薬といえますが、副作用としては外用薬同様に「初期脱毛」や「多毛症」が起こる可能性があります。多毛症は体毛が増えてしまうという女性にとって悩ましい副作用ではありますが、ミノキシジルの使用を中止することで改善されます。それ以外にも心血管系の副作用を生じることもあるため必ず医師の処方の元で使用しましょう。
関連記事

なお、男性と女性では薄毛の発症原因が異なるため、男性のAGA治療薬として使用されているフィナステリドやデュタステリドといった有効成分においては女性が使用した場合のリスクが高いため、女性への投与が禁忌されています。また、これらの治療薬は経皮吸収の恐れがあるため、女性の場合は服用だけでなく薬剤に触れることも禁忌とされているので注意が必要です。

FAGA以外の脱毛症の種類

FAGAによる女性の薄毛は主にホルモンバランスの乱れや生活習慣が関与して起こりますが、FAGA以外にも女性が罹患する脱毛症がいくつかあります。脱毛の種類によって治療法も異なるため、薄毛改善を目指すにはしっかりと原因を追求することが大切です。

円形脱毛症

円形脱毛症は一般的に髪の毛が丸く円状に抜けてしまう後天性の脱毛症です。10円玉ほどの大きさで髪の毛が抜け落ちる症状と認識されていますが、脱毛の形は様々です。さらに頭髪だけではなく全身に脱毛症状を発症する場合もあります。

年齢や性別を問わず誰にでも発症する可能性がある円形脱毛症の明確な原因はまだ解明されていませんが、ステロイド局所注射療法や局所免疫療法など様々な治療法があります。

牽引(けんいん)性脱毛症

長期間継続的に頭皮や毛根に負荷がかかり抜け毛や薄毛を発症する脱毛症を牽引性脱毛症といいます。髪型が原因で引き起こることもあると考えられており、髪の毛を結ぶ機会の多い女性によく見られる脱毛症とされています。

牽引による頭皮や髪の毛へのダメージは、髪の毛の結ぶ位置を変えたり分け目を変えたりして意識的に予防することが可能です。しかし円形脱毛症など他疾患との区別が難しい場合もあるため、牽引性脱毛症が疑われる場合は一度医師に相談することをお勧めします。

粃糠(ひこう)性脱毛

粃糠性脱毛は頭皮に炎症などが起きることによってフケが生じ、抜け毛を引き起こす症状です。過剰なシャンプーによる頭皮の乾燥やシャンプー類の洗い残しなどフケが生じる要因は様々ですが、女性にも起こり得る脱毛症です。

脂漏性脱毛

脂漏性皮膚炎によって頭皮環境が悪化し、脱毛が起こることがあります。脂漏性皮膚炎とは皮脂の過度な分泌によって炎症が起こる皮膚炎の一種です。脂漏性皮膚炎は様々な原因が考えられますが、頭皮の場合は常在菌であるマラセチア菌の異常繁殖が主な原因の一つと考えられています。そのため脂漏性脱毛の治療にはマラセチア菌に作用する治療薬(抗真菌薬)が第一選択とされています。

女性でも薄毛治療は受けられる

髪の毛のお悩みは男性だけではありません。近年は中高年の方だけでなく20〜30代の若年層の方まで、幅広い年齢層の方々が髪の毛の悩みを抱えてるといわれています。しかし「薄毛=男性」というイメージはいまも強く、専門クリニックなども男性が対象なのでは?と不安に思う方も多くいらっしゃいます。確かに近年増加傾向にある薄毛治療を専門とする病院では、男性の患者様が多数を占めています。そのため、病院内で他の男性患者様と顔をあわせるのが恥ずかしい、と感じる患者様もいらっしゃいます。

女性向けのエステサロンや美容外科では、エイジングケアを目的とした美容施術が盛んに行われており、一般的に認知されているといえます。しかし女性の薄毛治療となると、積極的に取り組む医療機関はまだ多くありません。しかし、薄毛治療は男性だけのものではなく、女性もしっかりと治療することが可能です。

女性にも安心していただけるヘアクリニックを目指して

女性の薄毛治療は男性とは異なり妊娠中の方や授乳中の方など、様々な状況や体調に考慮した治療法が必要となります。また育毛促進にはストレスの軽減や日頃の生活習慣の見直しなど、あらゆる角度から適切なアプローチを行うことも大切です。AGAヘアクリニックは女性の薄毛治療に関しても豊富な実績を持ち、女性の患者様お一人おひとりの体質や環境を考慮した安心・安全の薄毛治療を提供しております。

また当院ではパントガールと同様の成分に加え、育毛に不可欠なビタミンやミネラルを独自に追加した女性専用の治療薬「PANTO」を処方しております。PANTOに含まれる豊富な栄養素によって代謝や細胞の動きが活性化されると、毛母細胞や育毛に関わる細胞に効果を発揮することが期待されます。

薄毛のお悩みについて不安や気がかりなことがある方は、カウンセリングおよび診察は無料で行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

女性向け治療薬の治療費用・料金

治療事例

48
月額16,500(税込)
治療開始前 治療3ヶ月目 治療7ヶ月目
治療開始前
治療3ヶ月目
治療7ヶ月目
治療薬:育毛サプリメント、ミノキシジル外用薬
52
月額4,500(税込)
治療開始前 治療4ヶ月目 治療7ヶ月目
治療開始前
治療4ヶ月目
治療7ヶ月目
治療薬:育毛サプリメント
【ご注意】

提示価格はオンライン診療の場合の価格になります。

症例写真は来院時に撮影したものです。

【副作用】
AGAヘアクリニックでは医師の管理の元に安全対策を行なっておりますが、まれに下記のような副作用が起こる場合がございます。詳しくは受診時にご説明致します。
フィナステリド配合内服薬・デュタステリド配合内服薬:性欲減退や勃起機能障害(ED)などの男性機能低下、肝機能障害
ミノキシジル配合内服薬:動悸・めまい・むくみなどの低血圧症状、肝機能障害、腎機能障害など
ミノキシジル外用薬:頭皮のかぶれやかゆみなど

当サイト内に掲載されているモニター様の画像は全て許可を得て使用しております。 無断転載、複製、複写、盗用を固くお断りいたします。

関連記事

治療の流れ

AGAヘアクリニックでは女性の患者様でも安心して治療ができるようなスタッフ、設備を完備しております。AGAヘアクリニックにご来院の際は、受付後すぐに個室へご案内いたします。カウンセリングから診察(※)、お会計まで全て個室で行いますので、ほかの患者様と顔を合わせることはほとんどありません。また、家事や育児、お仕事などでご来院が難しい場合でも、テレビ電話でのオンライン診療を活用していただくことで、薄毛治療を無理なく続けていただけます。

  • ご予約
  • カウンセリング
  • 医師による診察
  • お薬の処方・会計

※法律に基づき、初診は原則対面での診察をお願いしております。

治療の流れ

よくあるご質問

初診はどれくらい時間がかかりますか?

初診は約60分を予定しております。初めてご受診される患者様にはご自身の健康状態やお悩みについて詳しくお聞かせいただきたいため、カウンセリング時間を長めに頂戴しております。患者様のご希望に沿った安全でご納得いただける治療を行なっていくためにも、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

カウンセリングとはどのような内容ですか?

患者様のお悩みや治療経過、健康状態などについてお伺いします。また他院で治療薬を処方されている場合は、飲み合わせなどのご相談も承っておりますので遠慮なくお話ください。

髪型をセットしていても診察できますか?

髪型のセットに制限はありません。ただし診察の際に毎回発毛の経過を撮影するため、髪型が変わると経過が分かりにくくなる場合があります。

オンラインと来院でカウンセリングや診察の内容に違いはありますか?

オンラインで受診される場合、頭部のお写真を撮影する際にお手元のカメラを操作して頂く必要がございますが、オンラインでも来院と同等の診察・カウンセリングが受けられます。

診察料はかかりますか?

オンライン、ご来院共に何回でも無料です。ご納得いくまでじっくりご相談ください。

診察・カウンセリングは無料ですお気軽にご相談ください
監修医師のご紹介
AGAヘアクリニック秋葉原本院

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-12-8
住友不動産秋葉原ビル9階

診療時間10:00〜20:00
AGAヘアクリニック大宮院

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-67
大宮あづまビル5階

診療時間10:00〜20:00
  • 当院は完全予約制でございます。
  • 初回診療の最終受付時間は19:00です。

AGAコラム

医師監修のもと、AGA治療の基礎知識や
薄毛対策に関するトピックをお届けします。

AGAヘアクリニック秋葉原本院

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-12-8
住友不動産秋葉原ビル9階

診療時間10:00〜20:00
AGAヘアクリニック大宮院

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-67
大宮あづまビル5階

診療時間10:00〜20:00
  • 当院は完全予約制でございます。
  • 初回診療の最終受付時間は19:00です。

TOPに戻る