フィナステリド(プロペシア)の効果と副作用about Finasteride

フィナステリド(プロペシア)とは

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の進行を抑え、髪の毛が生え変わる周期である「ヘアサイクル」を正常な状態へ戻すための治療薬です。アメリカの医薬品管理局であるFDAでも認可されているAGA治療用の薬剤で、世界中で広く利用されています。

フィナステリドを含むAGA治療薬の一種に、アメリカのメルク社が開発した「プロペシア」があります。このプロペシアの特許権存続期間満了後(2015年)から後発品(ジェネリック医薬品)が次々と販売されるようになり、現在ではプロペシアのジェネリック医薬品として「フィナステリド錠」と呼ばれるAGA治療薬が処方されることもあります。

プロペシアは前述の通りメルク社が製造・販売する製品名であり、フィナステリドはプロペシアに含まれる有効成分の名称です。そのため、プロペシアやフィナステリド錠以外にもフィナステリドを含むAGA治療薬はいくつか存在し、患者様お一人おひとりに合わせた処方が行われます。それぞれのフィナステリド治療薬で添加物などの違いはあるものの、有効成分のフィナステリドによる薬理作用に違いはありません。

フィナステリド配合内服薬とは

フィナステリド(プロペシア)の効果

AGAの発症には男性ホルモンの一種である「テストステロン」と、前頭部から頭頂部に存在する体内の還元酵素「Ⅱ型5αリダクターゼ」が主に影響すると考えられています。

テストステロンは、Ⅱ型5αリダクターゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるより強力な男性ホルモンに変化します。このDHTは前頭部から頭頂部に存在する毛髪に対して、通常2〜6年ほどあるヘアサイクルの成長期を極端に短縮してしまう作用があるため、髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまい薄毛が進行すると考えられています。

フィナステリドには、このⅡ型5αリダクターゼを阻害する働きがあります。この働きによってテストステロンがDHTに変化されることを防ぎ、DHTによって短縮されたヘアサイクルを正常な状態に戻すことが可能です。ヘアサイクルが元に戻ることで髪の毛も太く長く成長できるようになるため、薄毛になっていた部分が回復していきます。

服用開始から効果を実感するまでは、一般的に6か月程度の連続投与が必要といわれています。ヘアサイクルを正常に戻す効果はフィナステリドを服用開始した時点から作用していますが、乱れたヘアサイクルが正常な状態に戻るのにある程度時間がかかるため、効果を実感するまでには数か月の時間を要します。

フィナステリド(プロペシア)の副作用

フィナステリドの副作用には、性欲減退や勃起機能障害(ED)などの男性機能低下、肝機能障害などが挙げられます。しかし、EDなどの副作用に関しては臨床試験においてプラセボ患者とほぼ同様の発生率となっており、発症機序も明らかではなく危険性は低いといわれています。ただし、この試験はあくまでも発症率が低いということを示唆するものであり、副作用が現れる可能性はゼロではありません。服用後に異常を感じた場合は、医師にご相談ください。

性機能障害

勃起機能障害(ED)や性欲減退、精液減少、射精障害など性機能障害の副作用は、フィナステリドが男性ホルモンに作用することに起因すると考えられています。前述のように、発症率は極めて低いものの何か異常を感じた際は医師に相談するようにしましょう。

抑うつ

稀な副作用ではありますが、抑うつの症状も報告されています。抑うつに関しても、フィナステリドが男性ホルモンであるDHTを抑制するため体内のホルモンバランスが乱れることが関係している可能性も否定できません。リスクは低いものの絶対に発症しないとは言い切れないため、きちんと専門知識のある医師のもと服用することが望ましいといえます。

肝機能障害

フィナステリドは肝臓で代謝される薬であるため、肝臓にある程度の負担がかかります。しかし、これはフィナステリドに限った話ではなく、どんな薬を服用しても同じことがいえます。肝機能障害に関してもごく稀な副作用ではありますが、服用に際して定期的な血液検査で肝機能の数値を確認することが大切です。

AGAヘアクリニックの副作用に対する取り組み

AGAヘアクリニックでは患者様に安心してAGA・薄毛治療を続けていただくために、処方するお薬による副作用に対しても様々な取り組みを行なっております。

ご受診毎の体調・頭皮トラブルチェック
ご受診時には体調不良の有無や、副作用・頭皮トラブルが発生していないか等、発毛経過だけでなく体調面の確認も行います。
※ご来院時には頭皮の状態を手触確認する場合があります。オンライン診療では目視での確認となります。
血圧測定の実施
ミノキシジル含有内服薬には血管拡張作用があるため、ミノキシジル含有内服薬を処方されている患者様には血圧測定を実施しています。
※ご来院の場合のみ実施しております。
血液検査と経過観察
AGA・薄毛治療は治療期間が長期に及ぶため、定期的に血液検査を実施して健康状態の経過観察を行なっております。
※処方されているお薬やご年齢等により、検査項目や頻度が異なります。
副作用発生後の対応
体調不良・副作用が発生した場合には、すぐにご連絡ください。医師が副作用の症状や程度を判断し、薬の変更・調整・休薬を行います。もしも薄毛治療以外で専門医による症状の確認が必要な場合は、紹介状を無料で発行いたします。

ご不安な点や気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。

フィナステリド(プロペシア)服用の注意点

フィナステリドを服用する際は、用法用量を守って服用してください。もし服用を忘れてしまったとしても、2回分を同時に服用することは避けましょう。また、フィナステリドの効果が現れるまでには通常6か月程度かかるとされていますので、その間は服用を止めず継続する必要があります。

フィナステリドは原則、女性への投与は認められていません。妊娠されている方や授乳期の方は、胎児やお子様の健康への影響も考えられますので、絶対に服用はしないでください。またフィナステリドは皮膚からも吸収されるため、女性は直接触れることがないよう注意しましょう。治療薬はコーティングされており通常通り服用していれば問題はありませんが、割ったり粉砕したりすると有効成分が女性の肌に触れてしまう危険性が高くなります。必ず錠剤のまま服用するようにしてください。

また、同じような理由からプロペシアを服用している方の献血は禁止されています。輸血を通して、妊娠中の女性の体内へプロペシアが入り胎児に影響が出る恐れがあるためです。もし献血をしたい場合は、服用中止後1か月間待つ必要があります。

ポストフィナステリドシンドローム(PFS)

フィナステリドの服用中止後も、治療薬の内服によって発症した副作用が継続することを「ポストフィナステリドシンドローム(PFS)」といいます。 服用中止後も勃起機能不全(ED)や抑うつなどの副作用を感じる方が一定数報告されており、治療薬の添付文書にも「投与中止後も持続したとの報告がある」といった一文が記載されています。PFSの原因に関しては、様々な研究が行われているもののはっきりとした原因は明らかになっていません。そのため、治療法も確立されていないのが現状です。

基本的に安全性の高いフィナステリドですが、PFSが起こる可能性はゼロではありません。そのため当院では、細やかなカウンセリングや治療を行いリスクを抑えるとともに、患者様の不安が和らぐよう適切な治療方法をご提案しております。治療に際してご不明な点や不安な点については、お気軽にご相談ください。

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの違い

フィナステリドとミノキシジルは、同じAGA治療薬でも作用に違いがあります。主な薬効として、ミノキシジルは“ヘアサイクルの成長期を延長させる”ことや“ヘアサイクルの休止期を短縮させる”ことで発毛を促す働きがあります。一方でフィナステリドは、“Ⅱ型5αリダクターゼの働きを阻害する”ことでヘアサイクルを正常に戻す働きを持っています。

このようにミノキシジルが主に「発毛を促す」作用を持つのに対しプロペシアは「薄毛の進行を防ぐ」作用を持っているため、現在ではミノキシジルとプロペシアを併用する方法が標準的な治療となっています。

関連記事

フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の違い

フィナステリドとデュタステリドはどちらも薄毛を予防する効果のある治療薬ですが、2つの治療薬には5αリダクターゼに対する働き方に違いがあります。5αリダクターゼには「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の2種類があり、Ⅰ型は主に全身の皮脂腺に、Ⅱ型は前頭部・頭頂部の毛乳頭や前立腺に多く発現するとされています。また、デュタステリドはフィナステリドに比べ、Ⅱ型5αリダクターゼを抑制する効果は約3倍、発毛を促す効果は約1.6倍とされています。

一見すると、効果の高いデュタステリドを服用すれば良いように思えますが、フィナステリドには10年以上もの間多くのAGA患者が服用しても大きな副作用がみられないという臨床結果があります。また、新薬であるデュタステリドの方がフィナステリドと比較して価格が高いという特徴があります。どちらを服用するかは、毛量や懸念点、費用面などを総合的に考慮し選択していくことが大切です。

フィナステリド(プロペシア)の個人輸入は危険

医師の診察や処方が必要なく、またクリニックよりも安価に入手できることから治療薬を個人輸入するケースが増えてきています。通常、国内において販売されている医薬品は「医薬品医療機器等法」に基づいて有効性及び安全性が確認されています。しかし、個人輸入においては治療薬の有効性や安全性が確保されておらず、様々な健康被害を招く恐れがあります。また、販売サイトによっては偽造品である可能性もあり、使用しても効果が得られないなどの報告が厚生労働省の資料でも発表されています。

治療薬は、適切な用法・用量で使用しなければ効果が得にくいだけでなく、副作用のリスクも高まります。安心して治療を行うためにも医師による診察・処方は非常に大切です。

AGAヘアクリニックのフィナステリド配合治療薬

AGAヘアクリニックでは、当院オリジナルのフィナステリド含有AGA治療薬「FINA」を取り扱っております。FINAにはAGA治療における有効成分フィナステリドをはじめ、AGA治療のサポートに有用とされるビタミン類や亜鉛などの栄養成分を独自に配合しています。

発毛促進作用のあるミノキシジルの併用をご提案することもあります。AGAヘアクリニックはフィナステリド内服薬やデュタステリド内服薬、ミノキシジル外用薬・内服薬のほか、サプリメントなどもご用意しております。患者様のご意向や体調に応じて治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

フィナステリド配合治療薬の治療費用・料金

  • 治療薬費用

  • FINA

    (フィナステリド配合内服薬)

    初月

    1,800

    /

    2回目以降

    3,600

    ※オンライン・来院共通の価格です

フィナステリド配合治療薬の治療事例

  • 46

    初月10,800(税込)

    2回目以降月額12,600(税込)

    治療開始前 治療3ヶ月目 治療4ヶ月目
    治療開始前
    治療3ヶ月目
    治療4ヶ月目

    治療薬:フィナステリド配合内服薬、ミノキシジル配合内服薬

  • 32

    初月10,800(税込)

    2回目以降月額12,600(税込)

    治療開始前 治療4ヶ月目 治療9ヶ月目
    治療開始前
    治療4ヶ月目
    治療9ヶ月目

    治療薬:フィナステリド配合内服薬、ミノキシジル配合内服薬

  • 【ご注意】

    提示価格はオンライン診療の場合の価格になります。

    症例写真は来院時に撮影したものです。

    【副作用】
    AGAヘアクリニックでは医師の管理の元に安全対策を行なっておりますが、まれに下記のような副作用が起こる場合がございます。詳しくは受診時にご説明致します。
    フィナステリド配合内服薬・デュタステリド配合内服薬:性欲減退や勃起機能障害(ED)などの男性機能低下、肝機能障害
    ミノキシジル配合内服薬:動悸・めまい・むくみなどの低血圧症状、肝機能障害、腎機能障害など
    ミノキシジル外用薬:頭皮のかぶれやかゆみなど

    当サイト内に掲載されているモニター様の画像は全て許可を得て使用しております。 無断転載、複製、複写、盗用を固くお断りいたします。

監修医師のご紹介

AGAとは(男性型脱毛症)

AGAヘアクリニック秋葉原本院

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-12-8
住友不動産秋葉原ビル9階

診療時間10:00〜20:00
AGAヘアクリニック大宮院

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-67
大宮あづまビル5階

診療時間10:00〜20:00
  • 当院は完全予約制でございます。
  • 初回診療の最終受付時間は19:00です。

TOPに戻る