ミノキシジルの効果と副作用は?外用薬と内服薬の違いや注意点を解説

ミノキシジルとは

ミノキシジルは血管拡張作用を有するとし、もともと高血圧患者の治療薬として1979年から使用されていました。副作用として多毛が認められたことから再度、発毛剤として開発が進められ、1988年にAGA治療薬として承認されました。現在ではフィナステリド、デュタステリドと並ぶ、代表的なAGA治療薬のひとつとなっています。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは毛細血管を広げ血液の流れをスムーズにするだけでなく、主に髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけ、ヘアサイクル(毛周期)を延長させる働きを持っています。さらに、毛乳頭細胞からつくられる「発毛因子」の産生を促したり、毛乳頭細胞そのものを増殖させる働きもあることから、ミノキシジルは発毛を促す成分として位置づけられています。

ミノキシジルは、市販品では外用薬である「リアップ」などが国内で認可されています。また近年、国内で認可の有無によらず治療薬を安価で入手できることから個人輸入で購入する方が増えていますが、医師の診察がなければ副作用のリスクや患者様の体調の変化を継続的に確認することが困難なため、当院では推奨しておりません。安心して治療を行うためにも、医師の診察により処方された治療薬の使用をおすすめいたします。

発毛効果

前述の通り、ミノキシジルは「インスリン様成長因子1(IGF-1)」や「血管内皮細胞増殖因子(VEGF)」などの発毛因子の産生を促進する働きを持ち、これらの成長因子が毛母細胞を刺激することで髪の毛の育成を促します。また、毛母細胞へ必要な栄養や指令を送る毛乳頭細胞そのものを増殖させる効果も併せ持つとされ、これらの作用により発毛を促すと考えられています。

育毛・脱毛抑制効果

ミノキシジルには、髪の毛を生成する毛母細胞の死滅(アポトーシス)を抑制する働きもあります。これによりヘアサイクル(毛周期)の成長期が延長され、育毛及び脱毛抑制への効果が期待できます。

ミノキシジルの効果が出るまでの期間

ミノキシジルの効果が出るまでは使用開始からおおよそ6カ月ほどとされています。しかし、早い方では3カ月ほどで効果が出る場合もあり、個人差が大きいことが特徴です。早い段階で効果が出ないからと服用をやめず、最低でも6カ月間は使用を続けてみましょう。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルには、内服薬と外用薬(外用液)の2種類が存在し、それぞれ副作用の発生具合が異なります。頭皮に直接塗布する外用薬は、発疹やかゆみなどの頭皮トラブルが生じる可能性があります。一方で、内服薬は体内に直接薬剤を取り入れるため、動悸やめまいなどの副作用を起こす可能性があります。

ただし、副作用自体の発生頻度は全体的に低く、厚生労働省から報告されているデータによるとミノキシジル5%含有外用薬において、副作用発現率は「3,072例中271例 (8.82%)、 378件」とされています。また、長期投与の場合でも重篤な副作用はほとんどないものの、次のような副作用は報告されています。

初期脱毛

治療開始の初期段階でみられる抜け毛の増加を「初期脱毛」といいます。初期脱毛は、AGA治療を行う上で多くの人にみられる副作用で、個人差はあるものの、使用開始後約2週間から8週間ほどで起こる可能性があります。

初期脱毛が生じるメカニズムには「ヘアサイクル」が関係しています。AGAの影響で休止期になっていた毛包が治療薬によって成長期へ移行することで、古い髪の毛が新しい髪の毛に押し出されるため脱毛が起こります。初期脱毛のタイミングで治療をやめてしまうと効果を実感することができないため、初期脱毛が見られた場合でも継続して治療を行うようにしましょう。

皮膚炎

外用薬使用による皮膚トラブルも副作用として報告されています。搔痒感(そうようかん)、発赤(ほっせき)、落屑(らくせつ)、毛包炎、接触性皮膚炎などの症状がみられる可能性があります。発現率は高くないものの、肌に合わないと感じた場合は医師に相談の上、使用の継続可否を判断してもらいましょう。外用薬の使用中止を勧められた場合は、他の治療方法を検討することも可能です。

動悸・息切れ

ミノキシジル内服により、動悸や息切れなどの副作用が起こる可能性があります。また、ミノキシジルはもともと降圧剤であることから、血圧が不安定な方や心臓疾患がある方などは心機能障害や不整脈が増悪する可能性もあります。これらは稀な副作用ではありますが、低血圧の方や高血圧で降圧剤を服用中の方、心臓に障害のある方はミノキシジルの服用に際して、必ず医師に相談してください。

頭痛やめまい

ミノキシジルの持つ血管拡張作用により毛細血管が拡張することで、頭痛を引き起こす可能性があります。また、毛細血管が拡張し、中枢の血流が低下することで血圧が大きく低下し、めまいなどの随伴症状が引き起こされる場合もあります。ミノキシジルの使用開始後に頭痛、めまいなどの症状が現れた場合は、必ず医師に相談しましょう。

手足、顔の浮腫(むくみ)

その他の副作用としてミノキシジルを使用すると末梢血管が拡張し、中枢の血液量が低下します。身体のセンサーは血液が足りないと考え、血液を増やすよう働きかけます。その結果体内の血液量が過剰となり、身体にむくみの症状が現れる場合があります。上記機序の場合には一過性で改善することがほとんどですが、まれに心機能の低下に伴うむくみが起こることもあります。この場合には、放っておくと心不全や心筋梗塞などを招く恐れもあるため、少しでも違和感を感じたらすぐに病院を受診してください。

多毛症

ミノキシジルを服用した場合、毛髪だけでなく全身の体毛にも発毛効果が作用します。多毛の症状は治療薬が効いている証拠であるためあまり心配する必要はありませんが、気になる方は医師に相談して他の治療法を検討してもよいでしょう。

肝機能障害

ミノキシジル内服薬は、肝臓で代謝される治療薬であるため肝臓に負担がかかります。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれており、何か異常が起きたとしても自覚症状はほとんどないのが特徴です。肝機能障害の副作用は極めて稀であると考えられていますが、重篤化すると肝不全を引き起こす危険性もあります。服用にあたって定期的な血液検査を行い、肝臓の状態を確認することが大切です。

心疾患

ミノキシジルの副作用として狭心症などの心疾患の事例も報告されています。狭心症は冠動脈が狭くなり一時的に心筋への血流が不足した状態を指し、胸痛や息切れなどの症状がみられます。これは、ミノキシジルの持つ血管拡張作用に起因して起こるとされていますが、報告数は少なく、起こる可能性は極めて低い副作用です。また狭心症の他には、心筋梗塞や心不全の副作用もごく稀に報告されていますが治療薬との因果関係は明確にされていません。

AGAヘアクリニックの副作用に対する取り組み

AGAヘアクリニックでは患者様に安心してAGA・薄毛治療を続けていただくために、処方するお薬による副作用に対しても様々な取り組みを行なっております。

ご受診毎の体調・頭皮トラブルチェック
ご受診時には体調不良の有無や、副作用・頭皮トラブルが発生していないか等、発毛経過だけでなく体調面の確認も行います。
※ご来院時には頭皮の状態を手触確認する場合があります。オンライン診療では目視での確認となります。
血圧測定の実施
ミノキシジル含有内服薬には血管拡張作用があるため、ミノキシジル含有内服薬を処方されている患者様には血圧測定を実施しています。
※ご来院の場合のみ実施しております。
血液検査と経過観察
AGA・薄毛治療は治療期間が長期に及ぶため、定期的に血液検査を実施して健康状態の経過観察を行なっております。
※処方されているお薬やご年齢等により、検査項目や頻度が異なります。
副作用発生後の対応
体調不良・副作用が発生した場合には、すぐにご連絡ください。医師が副作用の症状や程度を判断し、薬の変更・調整・休薬を行います。もしも薄毛治療以外で専門医による症状の確認が必要な場合は、紹介状を無料で発行いたします。

ご不安な点や気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。

診察・カウンセリングは無料ですお気軽にご相談ください

内服薬と外用薬

先述の通り、ミノキシジルは内服薬と直接頭皮に塗布して使用する外用薬があり、内服薬と外用薬とでは発毛効果にやや差が認められます。

ミノキシジル配合内服薬

内服薬は、血中より毛球部分にある毛乳頭を辿って効果をあらわします。また、内服薬は体内の血中から薬効を発揮するため、外用薬よりも高い発毛効果が期待できると考えられています。

薄毛改善に効果が期待できる内服薬ですが、国内において臨床試験が行われていないことから、薄毛治療薬としては推奨されていません。しかし、適正な知識と経験のある医師のもと処方が行われるのであれば、安全で有用な治療薬です。

ミノキシジル配合内服薬の使用方法

医師から指示された用量・用法を守り、毎日決まった時間に服用します。1日のうち、どの時間に服用しなければならないという決まりはありませんので、自分が毎日忘れずに服用できる時間に設定するとよいでしょう。

ミノキシジル配合内服薬

ミノキシジル配合外用薬

頭皮に塗布する外用薬は、有効成分が皮膚の中に浸透(直接浸潤)して毛根まで届くことで効果を発揮します。また、外用薬は日本皮膚科学会が定める「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017版」において推奨度が高い治療法です。

外用薬は市販品もありますが、濃度が5%までと定められています。市販の外用薬で効果を感じられない場合などは専門クリニックで医師に相談することをおすすめします。

ミノキシジル外用薬の使用方法

1日2回、脱毛部に直接塗布しますが、朝と夜に一度ずつ塗布するのが理想的です。使用量は定められた用量・用法をきちんと守ってください。多く塗布すればその分効果も大きくなるということはなく、正しい用量・用法を守ることで効果を実感することができます。医師に指示された使用方法は厳守するようにしましょう。

ミノキシジル配合外用薬

AGAヘアクリニックでは、内服薬・外用薬ともにミノキシジル配合のオリジナル治療薬を処方しています。患者様お一人おひとりの症状に合わせて、医師が適切な治療方法を提案するのでご安心ください。有効な濃度の治療薬を使用していくことが、薄毛改善への一番の近道だと考えています。

ミノキシジルとフィナステリドの違い

ミノキシジルは発毛を促す治療薬ですが、AGAの進行を抑制するわけではありません。一方でフィナステリドは「DHT(※)」によって乱れたヘアサイクルを正常な周期に戻し、AGAの進行を抑制する役割があります。しかし、フィナステリド単体では発毛を促進させる力は乏しいと考えられています。

※ジヒドロテストステロン。テストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつくことで生成される男性ホルモンであり、AGAの原因とされる。

AGA治療にあたってはミノキシジルのみの投与と比べ、フィナステリドやデュタステリドなど他の治療薬と併用した方が発毛効果を高めるという研究結果も出ています。そのため、AGAヘアクリニックでは患者様のご要望と状態を総合的に判断して、治療薬を組み合わせた処方も行なっています。

また、フィナステリドは女性への処方は基本的に禁忌とされている治療薬ですが、ミノキシジルにおいては女性でも使用が可能です。

ミノキシジルの服用や他薬品との併用の注意点

ミノキシジル内服薬を風邪薬などの処方薬や市販薬と一緒に服用することは、まず問題ありません。しかし、既に高血圧治療薬を内服している場合では、降圧効果が過剰に出現してしまう可能性があるため、ミノキシジル内服薬を併用できない場合があります。その他にも併用しないほうがよい薬剤もあるため、医師が判断により場合によっては内服薬ではなく、外用薬を処方することもあります。

AGAヘアクリニックがミノキシジル内服薬を扱う理由

ミノキシジルの内服薬はより高い発毛効果が期待できる反面、副作用のリスクも考えられます。そのため、どの病院でも決して簡単に処方すべき治療薬ではありません。

AGAヘアクリニックには、薄毛治療専門クリニックとして培ってきた豊富な経験や実績があり、AGA治療に精通した医師が在籍しております。患者様に安心して治療を続けていただくためのノウハウにも自信があるため、医師の責任のもとミノキシジル配合内服薬を処方しております。

少しでもミノキシジル内服薬の副作用に不安がある方は、ご遠慮なく当院の医師やカウンセラーにご相談ください。

ミノキシジルの個人輸入は危険

先にも少し説明しましたが、最近ではミノキシジルに限らずAGA治療薬を個人輸入する方が増えてきています。その理由としては、クリニックで処方されるより価格が安く、高濃度の治療薬が手に入ることが挙げられます。他にも、誰とも顔を合わせることなく購入できる点や医師の処方箋が不要であることも個人輸入が増加している要因と考えられるでしょう。

一見すると、メリットが大きいように思える個人輸入ですが様々なリスクが伴います。通常、国内で販売される医薬品は「医薬品医療機器等法」に基づき、有効性及び安全性が確保されていますが、個人輸入の場合は国内でのチェックを通さないため様々な健康被害や副作用の報告があります。また、販売場所によっては偽造品である可能性もあり、せっかく購入したのに効果が得られないという事態も起こりかねません。このようなリスクを避けるためにも、AGA治療薬は専門クリニックでの診察及び処方を受けた治療薬の使用をおすすめします。

ミノキシジル配合治療薬の治療費用・料金

  • 治療薬費用

  • MINOCK

    (ミノキシジル配合内服薬)

    10,000

    オンライン診療価格

    9,000

  • MINOCK LIQUID

    (ミノキシジル配合外用薬)

    13,000

    オンライン診療価格

    12,000

※ミノキシジル内服薬、ミノキシジル外用薬は様々な濃度を扱っております。料金は一律です。

ミノキシジル配合治療薬の治療事例

38
月額16,200(税込)
治療開始前 治療3ヶ月目 治療6ヶ月目
治療開始前
治療3ヶ月目
治療6ヶ月目
治療薬:デュタステリド配合内服薬、ミノキシジル配合内服薬
34
月額28,200(税込)
治療開始前 治療3ヶ月目 治療5ヶ月目
治療開始前
治療3ヶ月目
治療5ヶ月目
治療薬:デュタステリド配合内服薬、ミノキシジル配合内服薬、ミノキシジル外用薬
【ご注意】

提示価格はオンライン診療の場合の価格になります。

症例写真は来院時に撮影したものです。

【副作用】
AGAヘアクリニックでは医師の管理の元に安全対策を行なっておりますが、まれに下記のような副作用が起こる場合がございます。詳しくは受診時にご説明致します。
フィナステリド配合内服薬・デュタステリド配合内服薬:性欲減退や勃起機能障害(ED)などの男性機能低下、肝機能障害
ミノキシジル配合内服薬:動悸・めまい・むくみなどの低血圧症状、肝機能障害、腎機能障害など
ミノキシジル外用薬:頭皮のかぶれやかゆみなど

当サイト内に掲載されているモニター様の画像は全て許可を得て使用しております。 無断転載、複製、複写、盗用を固くお断りいたします。

監修医師のご紹介

AGAコラム

医師監修のもと、AGA治療の基礎知識や
薄毛対策に関するトピックをお届けします。

AGAヘアクリニック秋葉原本院

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-12-8
住友不動産秋葉原ビル9階

診療時間10:00〜20:00
AGAヘアクリニック大宮院

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-67
大宮あづまビル5階

診療時間10:00〜20:00
  • 当院は完全予約制でございます。
  • 初回診療の最終受付時間は19:00です。

TOPに戻る