ミノキシジルのジェネリック医薬品は存在する? 副作用や費用を徹底解説

ミノキシジルの歴史および効果と種類

もともとミノキシジルは強力な血管拡張作用を有することから、米国食品医薬品局(FDA)により1979年より高血圧を治療するための経口錠剤(ブランド名:Loniten)として承認されていました。しかし副作用として予期しない発毛効果が多数の高血圧治療患者様にみられたことをきっかけに発毛剤としての開発が開始され、1988年にFDAによってミノキシジル2%配合外用薬(ブランド名:Rogaine)がAGA治療薬として男性向けに承認されました。1992年からは女性向けのミノキシジル2%配合外用薬が米国で処方可能となり、1996年からはFDAによって米国でのミノキシジル外用薬のジェネリック製造と店頭販売の両方が承認されています。

日本では大正製薬がミノキシジル外用薬を一般用医薬品として開発し、1999年にミノキシジル1%配合外用薬(ブランド名:リアップ)が男性向けに発売開始されました(ダイレクトOTC第1号製品)。2005年には女性向けのリアップレディが発売されています。

ミノキシジルが発毛を促進するメカニズムは完全には解明されていませんが、多数の化学的な機序が複合して作用していると考えられています。またミノキシジルには発毛を促す作用だけでなく、毛母細胞へ作用しヘアサイクルを延長する働きや「IGF-1」「VEGF」などの発毛因子の産生を促し毛乳頭を活性化させる効果があります。その他、毛乳頭そのものを増殖させる働きも推測されており、AGAを含めた脱毛症による薄毛を改善します。

ミノキシジルには外用薬と内服薬の2種類があります。そのうちミノキシジル5%配合外用薬は日本皮膚科学会が発表している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」で男性型脱毛症に対しフィナステリド内服薬と並んで、推奨度の最も高いAランクとされています。また、女性型脱毛症についてはミノキシジル1%配合外用薬がAランクとして推奨されています。

ミノキシジルの歴史および効果と種類

ミノキシジルは外用薬のみジェネリック医薬品が存在する

ミノキシジルには外用薬にのみジェネリック医薬品が存在します。ジェネリック医薬品とは新薬の後発医薬品を指し、新薬よりも安価であるのにもかかわらず新薬同等の効果や安全性等が期待できる薬です。最近では医療費削減にも繋がるとして国からも利用が推奨されています。

ミノキシジル外用薬の市販のジェネリック医薬品としては、リアップEX5プラスNEO(大正製薬)、リグロEX5(ロート製薬)、リザレックコーワ(興和薬品)、スカルプDメディカルミノキ5(アンファー)などが販売されており、薬局等で購入が可能です。

ミノキシジル内服薬は国内においてAGA患者に対する臨床試験が行われておらず、治療薬として国内未承認であるためジェネリック医薬品は存在しません。ミノキシジル内服薬は国内において推奨はされていないものの、専門的知識を持つ医師による処方が行われるのであれば安全に服用できる治療薬で、きちんと効果も期待できます。

ミノキシジルの副作

ミノキシジル内服薬、外用薬それぞれで副作用の発症具合が異なります。ミノキシジル内服薬は濃度にもよりますが一定の割合で副作用のリスクがあるため、原則として安全な治療を継続するためには医師の監督下で内服する必要があります。ミノキシジル外用薬による副作用発症率は低いとされていますがゼロではないため、しっかりと副作用の可能性について理解した上で治療を行うことが大切です。

ミノキシジル内服薬の副作用

またミノキシジル内服薬はもともと高血圧患者向けの治療薬であったことから、血圧を下げる効果があります。そのため、すでに心疾患をお持ちの方や降圧剤を服用中の方は、ミノキシジル内服薬の使用に際して必ず医師に相談してください。どの副作用においても、何か異常を感じた場合はすぐに医師へ相談するようにしましょう。

ミノキシジル外用薬の副作用

頭皮に直接塗布する外用薬では、搔痒感(そうようかん)、発赤(ほっせき)、落屑(らくせつ)、毛包炎や非接触皮膚炎などの頭皮トラブルが発症しやすいとされています。治療薬使用中に何かしらの肌トラブルが現れた際は一度使用を中止して、医師に相談するようにしましょう。

ミノキシジル配合治療薬にかかる費用

ミノキシジル配合治療薬にかかる費用は、1つあたり約4,000円〜20,000円とクリニックごとに大きく差があります。ミノキシジル内服薬と外用薬の2種類を併用して治療を行う場合は概ね10,000円前後〜それ以上の費用がかかることを目安に考えておくとよいでしょう。

AGA治療ではミノキシジルの内服薬や外用薬と併用してAGAの進行抑制効果を持つフィナステリドやデュタステリドを用いる場合もあり、併用する場合は治療費も高くなります。詳しい費用に関しては薄毛の進行具合やクリニックごとに異なりますのであくまで目安とお考えください。

ミノキシジルの個人輸入は危険

クリニックで処方を受けるよりも費用が抑えられるため、中にはミノキシジルの個人輸入を検討する方もおられます。医薬品の個人輸入は法律上、個人で使用する場合に限り認められており、違法ではありません。しかし個人輸入の場合、偽薬が送られてくる可能性もあり安全性は確かではなく、また偽薬だと気づかず服用してしまうことで健康被害へつながる恐れもあります。治療薬の個人輸入はメリットよりもリスクが高くおすすめできませんので、専門のクリニックで医師の監督のもとに治療を継続することを推奨いたします。

ミノキシジルの歴史および効果と種類

ミノキシジルに関するQ&A

ミノキシジルは薬局で買える?

ミノキシジル外用薬は薬局で購入することも可能です。ミノキシジル内服薬は薬局で購入することはできません。

ミノキシジルの服用や塗布を途中でやめるとどうなる?

ミノキシジルはAGAを根本的に治療するものではありません。そのため、服用や塗布を中断すれば元の状態に戻ります。

女性でもミノキシジルを使用できる?

ミノキシジルは女性でも使用可能とされており、効果も認められている薬です。

ミノキシジルは専門クリニックで処方してもらいましょう

ミノキシジルの外用薬に限りジェネリック医薬品があり、薬局等で購入も可能です。しかし副作用のリスクなどを考慮すると、やはりクリニックで医師による処方のもと治療を行う方が安全だといえるでしょう。

AGAヘアクリニック(以下、当院)では、診察やカウンセリングは何度でも無料で行っています。治療方法に関しても、お一人おひとりにあった治療法をご提案させていただいております。薄毛に関するお悩みは是非一度、当院までご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAコラム

医師監修のもと、AGA治療の基礎知識や
薄毛対策に関するトピックをお届けします。

AGAヘアクリニック秋葉原本院

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-12-8
住友不動産秋葉原ビル9階

診療時間10:00〜20:00
AGAヘアクリニック大宮院

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-67
大宮あづまビル5階

診療時間10:00〜20:00
  • 当院は完全予約制でございます。
  • 初回診療の最終受付時間は19:00です。

TOPに戻る